英語留学を成功させるコツ

英語留学を成功させるコツは、経験上、ずばり事前にしっかり英語力を底上げしておくことです。留学してからは、たくさんの外国人と会話する機会があり、新しい言い回しを覚える機会は豊富にあります。しかし、大学受験レベルの基本的な単語が身についていなかったり、文法がめちゃくちゃなまま知っている単語をつなぎあわせることしかできないレベルで留学してしまうと、これを根本的に改善することは困難だというのが実感です。なぜなら、会話は速いテンポでどんどん進んでいくので文法のブロークンな英語を根本的に直す機会は与えられませんし、基本的な単語すら知らないと、ネイティブとの会話ではすぐにつまずいてしまうからです。目安としてはTOEIC800点以上、できれば900点以上を獲得してから留学すると、持っている基本的な英語力を使ってさらにスムーズに会話することができるようになりますし、新たな語彙の吸収も早いです。これを下回るレベルで留学することは、語学が目的ではなく、異文化交流などが目的の場合にはかまいませんが、英語の上達という観点では効率が悪いです。

英語留学、留学先の選び方

英語留学を考えた時、まずはどこの国を選ぶか決めることから始めますよね。治安の良さ、物価の安さ、気候や国民性などが主な基準になるのではないでしょうか。最近は円安の影響で、渡航費用が割高なので、アメリカ、イギリスなど第一言語が英語の国以外、公用語、準公用語が英語の国、フィリピン、マレーシア、シンガポールなどを選ぶ人も増えているようですね。アジア圏で英語の勉強なんて、と考えてしまいがちですが、第一言語が英語であってもどの国にも訛りはあり、多国籍国家のアメリカに関しては特にその傾向が強く、若い人の間では文法自体が正しくないスラング言葉も使われていたりするので、公用語だからと、敬遠する必要もないのかもしれませんね。また近頃は、英語留学しながら歴史も学ぶ、という定年退職したシニアの方もおられ、敢えてアジア圏を選ばれるケースもあるようで、英語の勉強プラス他の目的も持って渡航する人が増えると、今後、留学先も多様化してくるかもしれませんね。

若いうちの英語留学に関して

大人になると実感しますが、英語が喋れないことは大きなコンプレックスです。外国人に道を聞かれるとオドオドしてしまいますし、子どもの勉強を見てやれないのも心苦しいです。今から勉強を始める手段もありますが、記憶力は若いうちの方が数段上です。高校生や大学生には、積極的に英語留学をして欲しいと願っています。ネイティブな英語を吸収することで、コンプレックスは解消されます。昔はアメリカが定番でしたが、近年はニュージーランドやイギリスの人気が高まっています。やはり治安の問題が大きく、事前の下調べが重要になります。高校によっては交換留学が行われていますし、ホームステイ先も斡旋してくれます。学校とホームステイで英語に触れることで、上達のスピードが格段にアップします。将来就く仕事の選択肢も増えますし、留学は本当にお薦めです。

セブ島はリゾートとしても有名なため、休日は観光も楽しめます。 セブ島は観光地として政府が治安維持に力をいれているのでフィリピンの中でも安全な地域。 お金が無くてもできる新しい英語留学! 今では年間約26.000人の日本人が語学留学の留学先としてフィリピンを選んでいます。 学校や宿泊先は全室Wi-Fi完備! アーグスのための特別な英語習得のためのカリキュラムをご用意。 英語留学をお考えなら先ずはAHGSにご相談!

Copyright © 2016 英語留学フロア All rights reserved.
This site is using the Shades theme, v2.4.1, from BuyNowShop.com.